Xsports
スケートボード
Hobby
幻の蒸気機関車
History
邪馬台国研究大会公式記録DVD
Movie
マリアのへそ
Make
見るだけ上達メイクテク
Other
ホーム > Hobby > MG03 幻の蒸気機関車C63
 
C63形蒸気機関車とは、1956年に、国鉄最後の蒸気機関車として計画され、設計図は完成したが、実機製造がされなかった悲運の蒸気機関車である。
鉄道ファンの間では、幻の蒸気機関車として広く知られていて、一部のファンや関係者が、設計図をもとに模型やライブスチームを製造し、実機製造された姿をイメージして、幻の蒸気機関車にC63に思いを馳せている。
本作品は、その鉄道ファンが製作したC63のライブスチームや模型などから、幻の蒸気機関車C63の魅力に迫ってみた作品である。
 
■蒸気機関車の歴史とC63
日本における蒸気機関車の歴史概要と設計された最後の蒸気機関車であるC63のスペックと実機製造されたときのイメージを追ってみた。
 
■岩倉高等学校のC63
岩倉高等学校は、1897年、鉄道員要請を目的に創立された歴史と伝統のある高等学校である。この学校のクラブに工作研究部があり、そこでは部員たちが、20年にわたり、C63のライブスチームを製作し続けている。今回、走行可能になったC63を特別に撮影させていただいた。若者たちが長い期間をかけて製作したC63ライブスチームのディティールと走行シーンをお楽しみください。
 
■日本庭園鉄道でのC63
日本庭園鉄道は、富士山の裾野にあり、広大な敷地の中で鉄道模型やライブスチームを走行させることができる庭園鉄道である。このクラブのC63のライブスチームを所有される方がいて、ご厚意により、走行シーンを撮影させていただいた。
また、ここに登場するC63のライブスチームの実際の制作である和田ワークスの和田耕作さんにC63の魅力やライブスチームに関するお話を伺っています。
通常は、機関士が運転して走行するのだが、今回は、実機が本当に存在したイメージを視聴者の皆様に体感していただければと考えて、特別に無人走行をお願いした。力強く、そして華麗に走行するC63の迫力ある映像をたっぷりとお楽しみください。
 







 
監督 鈴木國斗茂
監修 和田耕作(和田ワークス)
   
ナレーション 瀬戸山海
インタビュー出演 岩倉高等学校 工作研究部 顧問 森下義昭教諭
  和田ワークス 支配人 和田耕作
  C63オーナー 機関士 佐野直文氏
   
企画制作発売 株式会社小島総合研究所
  株式会社スマイルコミュニケーション
   
収録時間 約45分
形式 カラー Widescreen
枚数 DVD1枚
リージョンコード リージョン2
   
販売価格 3,150円(税込・送料込み)
 
 
■当サイトは、ジャパンライム楽天ショップのショッピングカートを使用しております。
■商品をご購入の際は、楽天会員(無料)が必要になります。また楽天の会員の方は、楽天ポイントの使用ができます。